「運命の人と出会いたい」と思ったことはありませんか。

幸せな恋愛や結婚に恵まれた人や登場する映画や本を見ると「自分だって運命の人がいるハズなんだ」と思いますよね。

 

しかしせっかく運命の人と出会えても、本人が気付かなければタイミングを逃してそのまま運命の人との縁がつながらなくなってしまいます。

せっかくの運命の人との出会いは見逃したくないですよね。

 

そこで出会った相手が運命の人かどうかを見極める方法をご紹介します。

運命の相手の顔を見るだけでビビッとくる理由についても解説しますので、縁をつなぐヒントにして下さい。

Sponsored Link

目次

運命の人が持つ赤い糸伝説とは

 

「運命の人」とは赤い糸とつながっていると伝説を耳にしたことはありませんか。

 

なぜこのような伝説が生まれたのか、根拠はあるのかご存じですか。

 

赤い糸には次のような伝説が残されています。

 

赤い糸伝説は中国発祥の伝説

「運命の人同士は赤い糸でつながっている」という内容の伝説は中国から始まり東アジアに広く広まっています。

 

またアジアだけではなく、世界各地で同じような見えない糸でつながるという民間伝承が多く見られます。

 

中国においてこの赤い糸は月下老人と呼ばれる縁結びを司る神さまがつなぐものだと考えられています。

 

中国の『太平広記』ではこの老人と出会った青年の逸話が登場しており、その話の中では結婚相手とは目に見えない「赤い縄」で足首を縛るとされています。

 

日本の赤い糸伝説は古事記と日本書紀に登場する

日本における「赤い糸伝説」が初めて登場するのは『古事記』です。

 

『古事記』の中に出てくる『三輪山の伝説』です。

 

活玉依毘売(いくたまよりびめ)という美しい娘が住んでいましたが、あるときから特定の男性が通うようになりました。

 

娘は男性と夫婦の契りを結び、妊娠してしまいます。

 

何も知らなかった両親は驚いて娘に男性が何者かを訪ねますが、娘は知らないと答えます。

 

そこで両親は一計を案じ、娘に「今度、男がやってきたら服に糸のついた針を刺しておきなさい」と命じます。

 

その通りに娘は男の衣服に針をつけ、翌朝になってから両親がつながった糸をたどっていくと三輪山にある神社につながっていました。

 

男の正体はなんと三輪山にお祀りされている大物主神(おおものぬしのかみ)だったのです。

 

この伝説より、いつしか将来結婚する相手は運命の相手であり、お互いの小指には目に見えない赤い糸がつながっていると考えられるようになったのです。

Sponsored Link

運命の人を唄ったヒット曲9選

 

運命の人との出会いやその不思議を謳ったヒット曲は次のようなものがあります。

 

中島みゆき

 

力強く人生を生き抜く姿を歌い上げることで人気のシンガーソングライター、中島みゆきのラブソングです。

 

多くの歌手によってカバーされていることでも知られています。

 

人と人は意図せずに、見えない糸によってつながる不思議やその仕合わせについて歌い上げます。

 

愛をこめて花束を

Superfly

 

結婚式で歌われる人気の楽曲です。

 

何がおきたとしても、いつかはきっと巡り会える運命の人に捧げる歌です。

 

そして運命の人だからこそ、その全てを受け止めてもらえるのだと歌い上げています。

 

奏(かなで)

スキマスイッチ

 

たとえ遠くに離れたとしても、相手を守ってみせると歌いあげるスキマスイッチの初期のヒット曲です。

 

チェリー

スピッツ

 

カバー曲として数多くの歌手が歌っていますが、原曲そのものも長く愛されている運命の人への想いを描いた歌です。

 

たとえ離れて生きていくことになっても、運命の人の存在を心に思い描くだけでその後の人生を充実させることができると歌っています。

 

空も飛べるはず

スピッツ

 

合唱曲としても人気のあるスピッツの楽曲です。

 

たとえつらいことがあったとしても、運命の人がいれば困難を乗り越えていけること、素直な自分になれることを歌い上げています。

 

キセキ

GReeeeN

ドラマ主題歌として空前の大ヒットとなった楽曲ですが、曲の内容は文字通り「奇跡の出会い」を果たした二人について、未来への展望を歌い上げた内容です。

 

カラオケでも定番の曲として知られています。

 

 

Everything

MISIA

 

大人気の恋愛ドラマの主題歌として知られているMISIAのEverythingは20世紀最後のミリオンセラー曲でもあります。

 

運命の人のその全てを受け容れ、そして自分も受け容れられる喜びについて歌い上げています。

Sponsored Link

もしも運命の人がいるのなら

西野カナ

 

等身大の恋愛ソングの女王として不動の人気を誇る西野カナの曲です。

 

雪の華

中島美嘉

 

日本レコード大賞も受賞した曲で、カバー曲も人気があります。

 

たとえ自分が死んだとしても、運命の人を守りたい、包み込むように慈しんでいくという曲です。

 

顔を見て一目惚れ!運命の人にめぐり合う可能性は意外に高い

 

運命の人はただ単に「容姿が好み」といった見た目や付き合う中で分かるお互いの相性などを越えた理由でひかれあう場合があります。

 

運命の人と出会うときにはどんな反応が起きるのでしょうか。

 

直感で相手を識別できる

運命の人と出会ったことがあるという人は「ビビっときた」と表現することが多いです。

 

言葉ではなく、理屈を越えた理論で相手を識別できます。

 

それこそが「運命の人」といわれる由縁です。

 

偶然の出会いが重なる

「なぜか偶然出会うことが多い」「興味や趣味がビックリするほど似ている」「好みが一緒」など、会う機会や共通点が多いと相手に親しみを感じやすいですよね。

 

実はそれはただの偶然ではないかもしれません。

 

運命の人でない場合は、すれ違いが多くなりお互いがお互いに気づかないことも多くなります。

 

なぜか相手を許容できる

家族や友達など親しい間柄であっても、「これだけは許せない」と思うような癖や短所があるものですよね。

 

しかし運命の相手の場合、たとえ欠点を感じることがあってもその欠点をありのままに受け容れることができます。

 

また人は他人から自分の欠点を指摘されると素直に受け容れることができない場合が多いですが、運命の人から指摘されると反発心がなく受け容れることができます。

 

運命の人は互いを許すだけではなく、お互いの成長や発展を支え合う存在でもあるので指摘されても真摯に受け止めることができるのです。

Sponsored Link

相手と一緒にいるだけで落ち着けるのって運命の人かも

 

相手と一緒にいると、特に会話がなくても穏やかな気持ちで過ごすことができます。

 

相手の包容力によって安心感や居心地の良さを感じることができるので、言葉がなくても不安な気持ちに陥る事はないのです。

 

ドキドキはあまり感じない相手でも、なぜか一緒にいるだけで気持ちが落ち着くことがありますよね。

 

そんな相手があなたにとっての運命の人かもしれません。

 

また信頼できる相手ですので、素直になることができます。

 

素直でいられるということは自分を偽る必要がないので、肩肘を張らずありのままの自分として振る舞うことができます。

 

運命の人に出会ったら初対面でも懐かしさを感じる

 

「初めて会う人なのに、なぜか懐かしさを感じる」「初対面なのにそんな気がしない」「もしかして過去に出会ったことがある人かも」という場合、それは相手が運命の人である可能性が高いといえます。

 

ソウルメイトと出会うと、デジャブ(どこかで体感したような気がすること)を感じるのです。

 

それは現在は運命の相手と初対面でも、前世の記憶は魂に刻まれているためイメージとして「相手を知っている」というメッセージが直感として魂に呼びかけるためです。

Sponsored Link

運命の人は沈黙がお互いの距離を縮めるのが特徴的

 

ふつうであれば、人間は他人と共にいて沈黙が続くと緊張感や気まずい思いを味わうものです。

 

そのため何か会話を続けようと必死に話題を探したりするので、一緒にいると気疲れを覚えることがあります。

 

しかし運命の人は、お互いに沈黙が横たわっていても気になりません。

 

会話がなくても平気なのではなく、言葉がなくてもお互いにわかり合っているため雰囲気が悪くなることがなく沈黙に苦痛を感じないのです。

 

言葉ではない部分でわかり合えるので、会話がなくてもスムーズにお互いの距離を縮めることができます。

 

言葉で伝えなくても分かってくれる

 

人間の気持ちは言葉にしなければなかなか相手に伝わらないものです。

 

また言葉にしたとしても誤解されてしまいなかなか理解し合えないという不満や悩みを抱えている人も多いと思います。

 

しかし運命の人が相手の場合、言葉で伝えなくても自分の気持ちを分かってくれている場合が多いです。

 

もちろん自分も相手の気持ちが分かるという、お互いに理解し合える関係にあります。

 

そのため「相手が私のことを理解してくれない」という欲求不満からくる喧嘩になることはほとんどありません。

 

お互いの気持ちが言葉にしなくても分かるからこそ、時には先読みして問題を解決することさえあります。

 

そんな運命の人と分かりあえることに感謝の気持ちを忘れないことが重要になります。

Sponsored Link

嫌いな食べ物がマッチした時に運命を感じる人は多い

 

今後の生活を共に過ごしていく相手に対して、どんな条件が合えば「一緒に過ごせそう」と考えるでしょうか。

 

少なくとも「食べ物の好き嫌い」は外せない条件の1つです。

 

なぜなら人間は何も食べずに生きていくことは不可能だからです。

 

1日3食は食べる機会があるわけですから、食べ物の好き嫌いが真逆の人とはなかなか共同生活を過ごすことができません。

 

たとえば和食しか食べられない人と、洋食しか食べられない人が一緒に生活しようとすれば同じ食卓を囲めませんよね。

 

別々に食事をとることになりますが、日常生活において方向性の違う食事を個別に用意することはかなり大変なことです。

 

料理をして片づけて、という家事の手間がかかる上に時間や費用にも支障をきたします。

 

かといって苦手な物をムリに食べ続けるのも苦痛ですよね。

 

最初はただ単に食べ物の好き嫌いが異なるだけだったはずなのに、だんだんお互いに「相手は自分の事を理解してくれない」「なんておもいやりがないんだろう」と人間性の否定につながるような愚痴やストレスが溜まってしまいます。

 

「同じ釜の飯を食う」という表現があるように、同じ食べ物を一緒の食卓を囲んで食べることがお互いの親密さをアップさせる効果があります。

 

どうせなら制限のない食事をとりたいと誰もが思うでしょう。

 

好きな食べ物・あるいは嫌いな食べ物が一緒の人には親しみやすさを感じやすくなるのです。

 

 

またただ単に「焼肉が好き」「私も好き」というよりは、「どうしてもメロンが食べられない」「自分もメロンだけはムリ」というように、嫌いな食べ物が一致する場合の方が親しみを感じやすくなるという傾向もあります。

 

好きな食べ物を一緒に食べることも楽しいですが、「どうしてもこれだけは嫌い」という食べ物が被る方が、お互いにストレスなくつきあえるようです。

 

嫌いな食べ物をムリに他人から勧められることが多い人ほど、嫌いな食べ物が被った相手に対して「自分の気持ちを理解してくれる人が現れた」と感じるからだといえます。

Sponsored Link

かなり重要!笑いのつぼが同じかどうかチェックして

 

「価値観が同じ」というのは、人と付き合う上でかなり重要なポイントといえます。

 

価値観が真逆だと、お互いに大切にするものが違うためになかなか理解し合えません。

 

たとえば時間にルーズな人と何事も時間厳守な人同士は、なにかと衝突することが多いですよね。

 

価値観は様々ですが、中でも「笑いのつぼ」は特に重要と言えます。

 

「楽しい」「嬉しい」といった感情を相手と分かち合うことが出来るのか、共感することが出来るのかを知ることができるからです。

 

たとえば自分にとってはとてもシリアスで真剣な話をしているつもりなのに、相手がそのはなしを「冗談」だと考えて真剣に聞いてくれなかったり、茶化したようなコメントや感想を口にすると一気に気持ちが冷めたりしますよね。

 

逆に自分がしゃれや遊び心で口にしたことを、相手が真面目にとらえたりして戸惑ってしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。

 

笑いのつぼが一緒かどうかを確かめる手段は様々です。

 

たとえばデート中で町で見かけた広告や看板のどこに「面白さ」をかんじるのか、また映画やドラマのどんなところで笑えたのかなど、相手の仕草や会話によって「相手の笑いのつぼ」を知ることができます。

 

もしも一緒に見た映画などで同じ場面で笑っていることに気がついたら、相手への好印象アップは間違いなしです。

Sponsored Link

自己判断は禁物!本当の運命の人は周囲からも歓迎される

 

「自分にとっては運命の人だと感じているのに、周囲には交際を反対されている。なんでこの人のよさが分からないのだろう。」と悩んでいる人もいるかもしれません。

 

しかし本当に、正しいのは自分で周囲の人間は誤解しているのでしょうか。

 

自己判断は禁物です。

 

第三者からの俯瞰的な視点は実は客観的だからこそ正しいこともあるのです。

 

「恋は盲目」ともいいますが、人はなぜか相手の欠点やネガティブな面には目を瞑ろうとする場面もあります。

 

しかし本当に運命の人の場合は、友達や親・兄妹、会社の人間や趣味の仲間からも「お似合いの二人」とみなされることが多いのです。

 

また運命の人は互いの欠点を埋め、高めあう存在でもあります。

 

ですから運命の人と共にいるのに傍目から「不釣り合い」「不幸になる」と評価されることはまずあり得ません。

 

複数の視点から観察されることで、どちらかが猫をかぶるとしても見抜かれてしまいます。

 

女性が運命を感じる瞬間は安心感

 

女性が運命を感じる瞬間は、相手に対して「安心感」を覚えるときです。

 

ありのままの自分でいられる、素のままの自分でも受け容れて貰えたときに相手を「運命の人」と感じるのです。

 

もしも相手と一緒に過ごしていてもリラックスできない場合は、残念ながら運命の人とはいえません。

 

「恋愛には刺激も必要」という人もいるかもしれませんが、運命の人は刺激がなくてもその関係性が長続きする相手です。

 

ですから女性が結婚相手に安定性や未来を想像できる安心できる人を選ぶのは自然なことといえます。

 

逆に未来に希望を見出せない、安心感を抱けない相手の場合は運命を感じることはできません。

 

女性が「この人となら一緒に生きていける」と安心して未来を想像できる相手、それこそが運命の人と言えます。

Sponsored Link

男性が運命を感じる瞬間は結婚

 

男性が「運命」を感じ取るのは、「この人と結婚しよう」と明確に意識した瞬間です。

 

恋愛とは異なり結婚にはそれなりの責任が伴います。

 

経済的な問題や社会的な問題など、さまざまな苦難を共に乗り越えていくパートナーとして相手を認めなければ結婚には踏み切れません。

 

あるいは恋愛感情だけではなく、相手に対するリスペクトがなければ結婚生活は長続きしないともいえます。

 

人によっては「相手を守る」「相手を仕合わせにしなければならない」という重圧を結婚に対して感じる人もいます。

 

つまり責任を背負うことを負担ではなく積極的に引き受けようと意識する瞬間である「結婚しよう」と決意する瞬間が男性にとっては「運命を感じる瞬間」といえます。

 

また結婚した瞬間やその後の結婚生活で特に意識したことはなかったけれども、人生を振り返ってみたり、子供の成長の節目で「自分は相手と結ばれる運命にあったんだな」と思い返す男性も多いです。

 

女性と男性が運命を感じるタイミングは必ずしも一緒ではありませんが、その瞬間には運命を感じていなかったとしても徐々に「これは運命だったのかも」と気付くこともあります。

Sponsored Link

今日運命の人に出会えるかも と感じる6つの前触れ

 

実は運命の人と出会う前触れを察知することはできます。

 

せっかくの運命の人との出会いを見逃さないためにも、前触れについて知っておきたいですよね。

 

具体的には次のような前触れに注意しましょう。

 

自分の身の周りで環境の変化があった

運命の人は環境の変化など人生の節目に現れることが多いです。

 

急な転勤や引っ越し、思わぬ事故に遭ったなどで環境が変化すると、人間関係にも変化が起きますよね。

 

そのため今まで出会うことがなかった人との出会いが生まれたり、自分自身が変わることにもなります。

 

何か不幸な出来事が起きたとしても、「新たな出会いがあるきかっけ」と前向きに生活するようにしましょう。

 

 

恋愛に出会いや別れが起きている

長く付き合っていた人と別れたて、あるいは「もう自分は運命の人と出会えないかもしれない」と潜在意識レベルであきらめかけたとき、それは運命の人と出会うために必要なステップかもしれません。

 

たとえ付き合っている人がいたとしても、マンネリ化やぎくしゃくとした空気に陥ってしまい「もうこの人との関係はだめかもしれない」とリセットを意識するとき、そんなときに運命の人との新たな出会いがすぐそこまで近付いているかもしれないのです。

 

うまくいかないとき

なにをしていてもうまくいかなくなる瞬間が誰しもあります。

 

じつはそんな時に運命の人と出会うチャンスが迫っています。

 

なぜなら運命の人は、あなたのピンチを救ってくれる相手でもあるからです。

 

逆に自分自信の力でどうにかできるレベルのピンチや、うまくいかないのに頑なに誰かからの救いの手を拒んでいる状態では運命の人との出会いも逃げていきます。

 

あるいは、困難を乗り越えた先に運命の人との出会いが待っていることもありえます

 

ピンチに陥っても、それは自分が成長するための人生のターニングポイントと捉えてもうひとがんばりしましょう。

 

そしてピンチの時に出会い、救ってくれた相手には感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

 

夢を見る

最近なかなか会わなくなった昔の知り合いなどが、なぜか突然夢にあらわれることがあります。

 

夢は潜在意識を映し出す鏡でもあり、自分自身が気がついていない現在の自分の心理を映し出すこともあります。

 

昔の知り合いが夢に出てくるとき、それは何か気がかりなことが自分の身に起きることの前触れともいわれています。

 

大抵の夢は起きると共にその内容が薄れてしまいますが、起きてからもその内容が頭に残っている場合は、何かの予兆である可能性が高いです

 

そんな時になかなか連絡のない人からきた連絡などは、注意深く受け止めた方がいいでしょう。

 

偶然が重なる

なぜか約束したわけでもないのに、同じ人と何度も出会す場合、それは偶然ではなく必然かもしれません。

 

運命の人とは何度も巡り会うものだからです。

 

「ただの偶然」で終わらせずに、一歩前進してお互いのことをもっとよくわかり合うためのアクションを自分で起こしてみましょう。

 

唐突に変化を望む

たとえばファッションや髪型を変える、新しい趣味を始める、パワースポット巡りにでかけたくなるなど、自分でも理由がつかない衝動的な変化を欲している場合、それは運命の人に出会うための予兆かもしれません。

 

運命の人とは魂のレベルでつながっているため、出会う前には自分自身にも何かしらの変化が現れるのです。

Sponsored Link

自分から行動してオンリーワンの運命の人と出会おう

 

運命の人の特徴や運命を感じるタイミングなどについてご紹介しましたが、「なかなか運命の人と出会えない」と思い悩んでいる人はなにがいけないのでしょうか。

 

その原因は次のようなことが考えられます。

 

まずは人との出会いの縁を大切に

「運命の人と出会える気がしない」「いつまで経っても運命の人に出会えないのはなぜ」とお悩みの方、まず人と出会う機会がありますか。

 

多くの人が、実は運命の人と出会いたいと口にしながらもそもそも人と出会うような行動をしていません。

 

職場と家の往復だけの毎日、あるいは家の中に籠もって趣味に打ち込んでいるだけという生活をただなんとなく続けていませんか。

 

どんなに悩んでも、占いに頼ってみても、そもそもの出会いがなければ運命の人には出会えませんよね。

 

婚活やお見合いパーティへの出席だけではなく、まずは家や職場の外へ出かけましょう。

 

新たな人との出会いの機会を設けることが重要です。

 

様々な人と出会うことで、運命の人との出会いの確立が高まります。

 

出会いの会場に出かけるのはハードルが高すぎるという人は、まずは周囲に人との出会いを欲していることをアピールしてみましょう。

 

友達の紹介で人と会う機会や食事の席を設ければ、婚活よりは気軽にお出かけできますよね。

 

 

意外とあなたの身近なところに運命の人はいるかも

「家に籠もっているわけでもないのに、運命の人と出会えない」という人は、もしかしたらすでに運命の人と出会っている可能性もあります。

 

運命の人と一緒にいるとリラックスできたり安心感があるため、自分では相手が運命の人だと気がつかないかもしれません。

 

まずは意識してみましょう。

 

あなたが意識するだけで、停滞していた2人の関係が一歩前進することになるでしょう。

Sponsored Link