要領が悪いとはどういう意味か

 

要領が悪い、要領が良い、要領を得ない、要領という言葉を使った表現はよく耳にするところですが、使われる場面で受ける印象が変わってしまうようです。

 

本題に入る前に、この要領という言葉の指す意味を説明したいと思います。

 

要領の語源

もともと、要領の「要」の字は、元は腰を表していた筈が、腰が人体の中心に有り大切な部位であるということから「かなめ」の意味を強め、さらには「求める」という意味を持つようになりました。

 

本来の「こし」には対応する字が無くなってしまいましたので、改めて月偏(にくづきへん)を付け加えて「腰」の字を作りました。

一方の「領」の字は、大事なものが纏まっている部分ということで、襟や首を表す言葉です。

 

このふたつの字を組み合わせて作られた「要領」という言葉は、腰と襟ということになるのですが、実はこれ、着物を畳む際に腰の部分と襟の部分を摘まむように持ち上げながら作業をすると上手く畳むことが出来ることから、上手く物事を行う手段や方法などを意味する表現として用いられ、作業のコツを表す言葉になります。

 

ちなみに文科省の文書には、教育要領や指導要領の言葉が繰り返し出てきます。

そのまま当てはめると、教育のコツ、指導のコツというタイトルの文書が大量に作られていることになります。

 

要領が悪い

その「要領が悪い」となると、「コツをつかむのが下手」「手際が良くない」といったことを指すことになります。

具体的な言葉を使うなら「やりかたが下手」、「うまく処理できない」、「心得がなく、もたついたり失敗したりする様子」、等を指す表現になります。

 

良い意味では使われない「要領が悪い」ですが、逆の意味である筈の「要領が良い」という表現も、「ずる賢い、こすがらい」の悪い意味で使われることもあります。

Sponsored Link

要領が悪い人は目的意識をしっかり持って

 

作業中に本来の目的とは無関係なところに興味を惹かれた場合、本来ならば目的に向かう作業を優先させるところですが、要領が悪い人は、気になったところがら脱線してしまうことがあります。

 

自分に任された仕事に興味を持ち、どんどん深堀して行くのは悪いことではありませんが、

ここでの問題は、その脱線に時間や労力を費やすことによって目的を達成できなくなるということです。

 

目的の達成を最優先として自覚できていれば、そこにたどり着くためにプロセスや方法を柔軟に変化させることこそ要領となるのですが、

要領の悪い人には着手したプロセスを捨てないことや方法を変えないことに価値があるかのように感じられてしまい、それらを守ることに固執してしまいます。

 

自分に与えられた役目を理解し、実現しなければならないことの重要度を見失わないことで、目的の達成とは無関係な無駄な労を遣わずにすみます。

Sponsored Link

要領が悪い人は今必要な事だけしっかりやろう

 

納期に追われて仕事がたまって行くと、要領が悪い人は目先の仕事から手を付ける傾向があります。

ところが、求められているものには優先順位があり、必ずしも手を付けた順番と一致している訳ではありません。

 

他人に迷惑をかけない仕事をするには、求められる成果から作業に優先順位を付け、場合によっては取捨選択をすることによって無理をしない状態を保つことです。

 

そういった意識が無いと、溢れかえった作業をこなすために残業を選択し、そのしわ寄せで体調を崩したり規制により作業を継続出来なくなり、結局、その成果を待つ人に迷惑をかける羽目になりかねません。

 

要領が悪い人は、作業が増えたと自覚する度に優先順位を確認し、その時々で必要な事だけをしっかり熟すことを心掛けましょう。

 

自分の能力を把握して安請け合いはしないで

 

要領が悪いと目的を達成出来ずに周りの人たちに迷惑をかけることがあることは説明してきた通りです。

では、どうすれば迷惑をかけずに済むのでしょうか。

 

自分で要領が悪いと自覚しているならば、依頼を受ける時点で自分は遂行するだけの能力を持ち合わせているのかどうかを評価するべきです。

自分が持っているスキルや知識が足りていないと判断したら、その依頼は拒否すべきです。

 

もし、必要と思われるスキルや知識を持っていると自負できても、経験が無ければ遂行可能であることの裏付けにはなりません。

 

いざ着手してみてから、実際には持っていないスキルも必要であったことに気付き、自分の能力不足を嘆くことのないよう、自分の能力はしっかり把握しておきましょう。

 

 

自信がないから謙遜してお断りするのではなく、能力の過大評価を避けるために、慎重になりましょう。

不足している能力や経験を正しく伝えることで、依頼内容を調整して身の丈に合ったものにしてもらえることもあります。

Sponsored Link

要領が悪い人は考えずに突っ走る特徴がある

 

一見、指示を受けてからの動き出しが早い人を見ると、その作業に自信を持っており、既に見通しが立っているかのように映ることがあります。

しかし、それらの中には要領が悪く単に突っ走っているだけの人も混じっているものです。

 

要領が悪い人は、受けた指示の中に自分の感性に刺激を与えるキーワードが有れば、目的を果たすためのプランも組み立てずに作業を開始してしまう傾向があります。

 

目的を意識していない為に、その作業には無駄が多く、非効率なものになってしまいます。

指示を受け取ったら、最終的な成果に向かって段取りを組み、タイムスケジュールに従って作業を開始するようにしましょう。

 

要領良い人のフリ見て我が要領の悪さを改善する方法

 

要領の悪い人にとって、自分が他の誰よりも熱心に作業をしているのに結果が伴わないことは、不思議に感じることかも知れません。

 

他の人が、それほど熱心に作業していないにも関わらず上手く結果を出せているのには理由があります。

まずは要領の良い人のフリを見て、自分とは何が違っているのかを認識することから始めましょう。

 

要領の良い人にとって、最も重要なのは納期です。

納期までに作業を終わらせる為に必要な作業の中でも、その方法には幾通りかのやり方が有りますし、具体化のレベルにも度合いがあります。

 

要領良く作業を結果に結びつけるには、方法の取捨選択が必要です。

その選択のポイントは、緊急性であったり重要性であったりします。

 

目的に到達する為に必要であるために捨てる事が出来ない作業については、一部を他人に依頼することも恥ではありません。

Sponsored Link

バイトから始めよう!要領が悪い人に向いている仕事4選

 

要領が悪いという表現を使うと周囲よりも劣っているかのような印象を受けますが、実際には、集中力の継続や探求心の強さ、単一作業の継続という点においては他よりも優れた能力を発揮する傾向があります。

 

要は適材適所で向いている仕事があるということです。

 

集中力の持続や単一作業の継続への強さは、ライン作業や交通量調査に向きます。

他人とのコミュニケーションを必要としないという意味では、警備員もお奨めです。

強い興味分野を持ち、それに対するスキルや知識レベルが高ければ、マイペースで進められる自営業という職種も魅力的です。

 

要領の悪さから人間関係に苦しんでいる人も、責任の範囲が自分の中で完結している職種を選択することで、その関係を改善して行けるようになります。

 

そうは言ってもアクシデントに遭遇すれば自己完結では済まないのが仕事です。

職場での人間関係が築けるまでは、バイトから始めるのがお奨めです。

Sponsored Link

ながら作業が出来ない要領の悪さは病気の可能性もある

 

要領が悪いことを症状の一つとして持つ病気に、アスペルガー症候群が存在します。

このアスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム障害(ASD)のひとつで、先天的な脳機能障害による発達障害です。

 

その特徴の中には「想像力の欠如」があり、これが幾つもの障害に結びつきます。

その症状のひとつは、予定通りに進まないことへの対応が出来ないことです。

 

興味のあることには没頭しますが、それゆえにアクシデントには対応出来ず、パニックに陥ります。

これは、同時に複数のことを並行して行うことが出来ないという症状としても現れます。

 

気持ちを切り替えることが苦手で、それまで行って来たことを手放せず、周囲の流れから置き去りにされることが度々起こります。

そのことでコミュニケーションに支障が起き、社会性が失われてゆくことにも繋がってゆきます。

 

そういった経験を繰り返すうちに、アスペルガー症候群を抱える人には、コミュニケーションが苦手、社会性が低いといった特徴が顕著になって行きます。

ながら作業が出来ないことが確認されたら、アスペルガー症候群を疑ってみることも、大切です。

Sponsored Link

アスペルガーの特徴は他人との関わり方に出る

 

アスペルガー症候群の人には、コミュニケーション能力が低いという特徴があります。

 

相手の表情から感情を読み取るのが苦手なことから、グループ内の他の人たちが共有している気配を感じ取ることができません。

メンバーが作った空気から影響を受けて、自分の気持ちまで変えるということが難しいものです。

 

集団生活の中では他人の考えや話を理解することが出来ず、阿吽の呼吸でやり方が決まってゆく共同作業には加わることすら難しく、孤立してしまいます。

 

逆に、それぞれの役割が独立しており、自己流のやり方が周囲に影響を与えないような割り振りが出来るならば、アスペルガー症候群の人にも仕事が楽になります。

 

アスペルガー症候群の人には、想像力の欠如といった特徴もあります。

 

そのため、相手の話の着地点の想定ができないため、他のメンバーが上司の話を聞きながら自分の思いつきの検証と調整をしている時に、ひとつひとつの作業の説明として聞き取らなければなりません。

 

そこに曖昧な表現が混じっていたり手順が省略されていると、成り行きで補足するといったこともできません。

 

アスペルガー症候群の人にとっては、会話によって目的や感覚を共有するよりも、手順が細かく記されたマニュアルを渡されるか、いつも通りから手順を崩さないで済むことのほうが重要です。

Sponsored Link

アスペルガー症候群の原因特定は難しい

 

アスペルガー症候群は、周囲とは異なった一定の振る舞いを表す症状の総称で、特定の疾患ではありません。

その原因にも、様々な要因が存在し、それを特定することは難しいことです。

 

したがって、どうすれば防げるのか、何を改善すればよいのかについても予め断言することはできません。

個々の原因を特定し、それが解消できるものならば取り除いてゆくといったアプローチが必要です。

 

アスペルガー症候群が母体から受ける影響

脳の発達障害には先天的な遺伝的要因が存在すると考えられていますが、出生前に調べることはできません。

母体からの影響が、その原因のひとつと考えられています。

 

環境ホルモン(ダイオキシンや農薬説)によって男性ホルモンを大量に浴びることで、アスペルガー症候群などの自閉症傾向になりやすいことが分かっています。

 

また、分娩を促すオキシトシンの連続投与により高濃度になると、共感できない、表情の読み取りが難しいといったアスペルガー的症状があらわれることがあります。

 

他にも、妊娠中にヘルペスウィルスや風疹ウィルスといったウィルスに感染することも、自閉症になるリスクを高めることが知られていますし、鉛などの重金属が水や食べ物を通して母体に取り入れられると、胎児が自閉症傾向になるとも言われています。

 

また、母親に花粉症やアレルギー等の自己免疫疾患があると、遺伝的に症状を受け継いだ胎児が、自己免疫によって脳細胞を攻撃してしまうことがあると考えられています。

 

アスペルガー症候群に処方される薬

アスペルガー症候群に対しては、症状に合わせて幾つかの薬が処方されることがあります。

どれも本質的症状の解決のための薬ではなく、これまで挙げてきた二次的な症状を緩和するためのものになります。

 

こだわりの強さや不安を取り除くためには、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)のような抗うつ剤が処方されます。

 

てんかんの発作を抑えるには、バルプロ酸ナトリウム(デパケンのジェネリック医薬品)のような気分安定薬を処方します。

幻覚や妄想、興奮を抑えるために、オーラップ等の抗精神病薬が処方されることもあります。

 

 

画期的な治療薬に繋がるミクログリア仮説

脳の中には、ミクログリア細胞という免疫細胞が存在しており、脳卒中や脳血管障害で傷ついた脳を修復したり不要なものを取り除く役割を果たしていると考えられています。

 

ところが、このミクログリア細胞が働く時には、脳に微細な障害を引き起こす物質が産生されます。

 

この物質によって、統合失調症や自閉症が引き起こされているならば、ミクログリア細胞の行き過ぎた活性を抑制する薬が精神疾患の新薬になりうるとする仮説がミクログリア仮説です。

 

自閉症の人はミクログリア細胞が過剰に活動していることが報告されています。

近年、このミクログリア仮説によるアプローチで新薬の開発が進められています。

Sponsored Link

アスペルガー症候群は併発する疾患が多い特徴がある

 

アスペルガー症候群には、その症状の特異性から様々な疾患を併発させる可能性を含んでいます。

その主なものは、精神的ストレスによるものです。

 

アスペルガー症候群の人は、自分の症状に対する焦りや不安、他人からのレッテル貼り、身近な人からの冷たい態度、失敗への怖れといった精神的ストレスと常に戦っています。

 

こういったストレス状態が続くことにより、さまざまな精神疾患が二次障害として引き起こされます。

 

睡眠障害

睡眠は脳の整理や形成といった重要な役割を持っており、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌により引き起こされる約24時間周期の生理現象です。

 

メラトニンは、脳内の伝達物質であるセロトニンを元に生成されるのですが、アスペルガー症候群では、このセロトニンが不足しています。

 

メラトニンが不足することでアスペルガー症候群の人は睡眠に対するリズムが曖昧となり、非常に睡眠障害を引き起こしやすい状況にあります。

 

症状としては入眠障害や中途覚醒、早朝覚醒といった不眠症に陥るケースが多いのですが、逆に睡眠による脳内の整理が行われないことから、過眠に陥るケースもあります。

 

睡眠障害は一度なるとリズムを取り戻せずにどんどん悪化する傾向があります。

さらに、睡眠障害から引き起こされる体調の悪化が、さらにアスペルガー症候群の症状を強くすることもあります。

 

摂食障害

セロトニンの不足は、睡眠障害だけでなく摂食障害という二次障害を引き起こすことがあります。

 

空腹によるストレスは、ドーパミンやノルアドレナリンの分泌を活発にします。

ドーパミンは食欲を増大させ、ノルアドレナリンはイライラや衝動を助長します。

セロトニンは、この二つのホルモンの過剰分泌を抑え、空腹でも平静を保てるように作用しています。

 

ところが、アスペルガー症候群ではセロトニンが不足することによって、増大した食欲を抱えたまま、イライラが収まらない状態となり、過食や拒食などの症状が現れやすくなります。

 

ここにアスペルガー症候群であることによる心理的な疲弊が重なるこで、拒食症になってしまうことがあります。

 

さらに、アスペルガー症候群特有のこだわりや、互換の感度の偏りによってもたらされる独特な味覚により、同じ種類のものしか食べない、同じものだけしか食べないといった偏食傾向が強くなりがちです。

 

胃腸障害

アスペルガー症候群を含む自閉症の子供には下痢や便秘といった胃腸の障害を抱える傾向があります。

 

カリフォルニア工科大学のマウスによる研究では、自閉症様症状を与えたマウスには腸管壁浸漏と呼ばれる症状が確認されました。

これは、腸の粘膜に穴があき、本来排除されるべき有害物質もその穴を通して血液中に流れ込む状態です。

 

その上に、自閉症マウスの腸内では、腸内細菌が作り出す4EPSという分子が健康なマウスの46倍にも上りましたが、この4EPSという分子により、不安行動が増加することが確認されました。

 

人間でも自閉症患者では、4EPSに近い分子の検出量が高くなることが分かっています。

 

てんかん

てんかんはアスペルガー症候群の約10%が併発する二次障害です。

 

てんかんとは、脳内でやり取りされている電気信号が、何かのきっかけで過剰に発生し、処理しきれない混乱のために体のコントロールが出来なくなって起きる発作です。

発作は、手足や全身の痙攣、意識障害などの症状となって現れます。

 

てんかんもアスペルガー症候群の脳機能障害が関わっている病気ですが、アスペルガー症候群の人にてんかんの併発が多い理由は解明されていません。

 

 

自己免疫疾患

胎児は免疫についても母体から影響を受けます。

 

母親がアレルギー体質で自己免疫疾患を有していた場合、あるいは感染症などによる炎症によって免疫反応が過剰に高まっていた場合、特に妊娠初期には遺伝情報として胎児に受け継がれてしまいます。

 

この過剰に活性化した免疫反応が脳の神経細胞の発達を妨げ、自閉症の発症につながると考えられています。

免疫反応の過剰活性を引き継いだ自閉症児は、自己免疫によって炎症を引き起こしてしまう自己免疫疾患を引き起こします。

 

実際、自閉症児の母親からは胎児の神経のタンパク質を攻撃する免疫細胞が見つかっていることから、妊娠初期における母体の炎症反応は、自閉症児の自己免疫疾患に無関係ではないと考えられています。

 

この自己免疫疾患が、様々な神経炎の症状を引き起こします。

Sponsored Link

アスペルガー症候群を放置して起こす二次障害に注意

 

脳内の分泌物のバランスを崩したまま強いストレスを受け続けると、脳の機能の一部が異常を来たし精神障害にまで発展することがあります。

 

気持ちの落ち込みが抑うつ気分から抜け出せなくなると、うつ病などの気分障害に陥ります。

仕事や趣味に対しても意欲や興味が湧かず、精神活動そのものが低下します。

 

こだわりや焦燥感から強迫性障害を引き起こすこともあります。

症状が進むと、思考が反復を繰り返すだけで出口を見付けられずに、生活も成り立たなくなって行きます。

仕事にも趣味にも気力がわかない状態です。

 

アスペルガー症候群の人が向いている仕事10選

 

周囲の気配に振り回されないアスペルガー症候群の人には、ルールを守ることで達成できる仕事が向いているでしょう。

 

経理、財務、法務、情報管理等、状況が変わってもルールが変わらない以上は判断を変えてはいけない職種です。

話すことに抵抗が無いのであれば、マニュアルに従って作業を進める事のできる職種として、コールセンターやテクニカルサポート、電化製品等の販売員も、挑戦のし甲斐のある仕事です。

 

集中力の高さを活かし、プログラマーやテスター、といった、専門分野に才能を伸ばすのも選択肢のひとつです。

視覚優位のアスペルガーなら、視覚情報を組み立てるCADオペレーターむ向いている職種です。

 

アスペルガー症候群の人は苦手な仕事に就かないのが得策

 

一方、アスペルガー症候群の人にとって苦手なスキルを求めるような仕事には、就かないことが得策です。

脳の働き方が異なるために、頑張っても獲得できないスキルがあると割り切ることも必要です。

 

アスペルガー症候群の人にとって苦手なのは、複雑な人間関係や高い対人スキル、複数の並行作業やイレギュラー対応、マニュアルに無い事態へのアドリブ対応等です。

 

こういったことを含む、ショップ店員、レジ係、サービスカウンター業務、ウェイトレス、接客業、サービス業、クレーム対応といった職種には、挑戦すると辛い思いをしそうです。

Sponsored Link